美容専用ダイヤル0120-088-430 予約受付:9:30〜20:00

しわ・たるみ

TOP > しわ・たるみ(セルリバイブジータ(プレミアムPRP))

セルリバイブジータ(プレミアムPRP皮膚再生医療)

プレミアムPRP皮膚再生医療(自己多血小板血漿注入療法)

自己の血小板を用いて皮膚の若返りを図る最も新しい注入療法
(最新再生医療)

広島中央クリニック総院長 綾部 誠PRP皮膚再生療法は、美容皮膚科、外科領域でも新しい治療法として注目されています。自己の血液から採取した、自己多血小板血漿を患部に注入することで組織を活性化させて治療する再生医療の1つです。血小板内にはさまざまな成長因子が入っているため、組織を活性化させちりめんジワやクマ、にきび・ニキビあとなどを改善し、美肌に導くことができるのです。


川添医師との共同研究により、さらに効果を向上させることに成功しました。

広島中央クリニック総院長 綾部 誠

川添 剛 経歴書



(1)氏名川添 剛 (かわぞえ たけし) 性別 男
生年月日 昭和44年7月31日 満年齢 38歳
現職名 医療法人 社団 貴順会 吉川病院 美容皮膚形成 部長

(2)学歴 平成1年4月1日 香川医科大学医学部医学科入学
平成7年3月24日香川医科大学医学部医学科卒業
平成7年4月1日 香川医科大学大学院医学研究科生体制御系専攻博
士課程入学
平成11年12月20日香川医科大学大学院医学研究科生体制御系専攻博
士課程卒業
免許 平成7年4月26日 医籍登録(第368882)
学位 平成11年12月20日 香川医科大学医学博士取得(博甲第283号)
資格 平成14年4月1日 日本形成外科学会認定医取得(専門医登録番号
01-1381)

(3)職歴 平成12年1月1日香川医科大学医学部附属病院形成外科医員採用
平成12年2月1日香川医科大学医学部附属病院形成外科助手採用
平成15年4月1日京都大学大学院医学研究科形成外科助手採用
平成19年4月1日吉川病院美容皮膚形成部長採用

(4)賞罰 なし

(5)所属学会 日本形成外科学会
日本口蓋裂学会
日本熱傷学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本再生医療学会
日本創傷治癒学会

(6)専門分野 口唇口蓋裂、創傷治癒、美容外科、レーザー

効果

効果 目の下やその周囲などの小ジワ・ちりめんシワ
深いシワ・タルミ・ニキビ跡・薄毛
(細胞の増殖・組織の修復・ヒアルロン酸やコラーゲンの再生・上皮細胞血管内皮細胞の増殖・新生)美白効果 肝斑改善
方法 血液の採取は通常の採血と同様の方法で行います。
治療時間は40分程度です。
必要量 目の下や法令線の改善では静脈血8〜16CC>程度必要です。
持続期間 セルリバイブジータ(プレミアムPRP)3年以上
セルバイブ(NewPRP)約2年
従来の再生治療(PRP)約1年
腫れ・痛み 注入直後は部分的に赤くボワッとした腫れ・熱感・皮下出血
注射痕が2〜3日残る場合あり

治療のながれ

最新再生医療の細胞注入までの流れ

セルリバイブジータ専用の遠心分離器で約10分間高速回転させ、注入成分を抽出します。
セルリバイブジータ色い部分が血小板凝集成分。たっぷりと成長因子を含んでいます。
自分の血液を使用する為、アレルギーや副作用も一切なく安心です。

セルリバイブジータ採取した血液を1本ずつ入念にチェック。
上部に分離された血小板を多く含む血漿を院長自ら無菌操作にて丁寧に取り出します。


目の下、頬など気になる部分に素早く注入します。
腫れや赤みは2〜3日で落ち着いてきます。
およそ一週間で内側からふっくらし、パーンとした張りが復活。
体内で産生したコラーゲンは持続力があり、3年以上もつという臨床結果も出ています。
エイジングサインが出始めた30〜50代は血小板も活動的なので飛躍的な効果が期待できます。

セルリバイブジータ

皮膚が薄い目の下は特に効果が出やすい場所。
コラーゲンが増える事で溝になっている部分が持ち上がり、しわなどの溝が改善します。
痛みも少なく治療時間は約5〜10分程度で終了します。

*スタッフも実際治療を経験しています


リジェンACR(PRP)と何が違うの?

基本的には自己血小板を使用し、シワ・タルミなどを改善する治療という意味では同じです。

しかしながら、Autologous W-PRP注入療法は血小板にさらに白血球が含まれており、いままでのリジェンACR(PRP)療法で効果が少ない方や、効果のない方に対してももう少し効果の高い治療を行うことが可能となりました。
というのは、世界で唯一、シワ・タルミに対する注入治療用に基礎的研究がなされたAutologous W- PRP分離キットを用いているため、安定した条件で自分の持つ再生治癒能力を最大限に引き出せるようになっているからです。

また、リジェンACRと比較して、治療に不要な赤血球の混入も最小限となっているため、注入後に皮下出血班を生じる確率もかなり低く、いままでのPRP治療と比較して、ダウンタイムもかなり短くなっているのも特徴です。

さらに当院のAutologous W- PRP注入キットは、アメリカのFDA(アメリカの厚生労働省)の許可、ヨーロッパ医療CEマークを取得しており、安全性の面からもご安心いただけます。

また、リジェンACR(PRP)療法以外にも、さまざまな血小板を用いた治療方法がありますが、それぞれのクリニック独自での血小板の精製方法がとられている場合もあり、そのようなケースでは基礎データーの発表もないため、安全性は不明ですし、治療効果に関しても比較することすら出来ません。


施術料金(税込)

再生治療施術費用

従来の再生治療(PRP) 2cc ¥150,000

セルリバイブジータ(プレミアムPRP)

★おすすめ★

1cc ¥150,000

2cc ¥300,000

追加1ccにつき¥70,000